NEWS

2016年4月1日

業務用PA/SRスピーカー「XY Series」に新モデル「XY-218HS」を4月1日受注開始
~超低域を高出力で再生し、大会場での音響システムを構築可能に~

Pioneer DJ株式会社は、業務用スピーカー「XY Series」の新たなラインナップ、「XY-218HS」の受注を2016年4月1日より開始します。(出荷開始は7月下旬を予定しています。)

当社の業務用スピーカー「XY Series」は主にクラブやミュージックバーを中心に全世界で導入されており、その信頼性の高さや優れた音質において高い評価を得ています。このたび発売する「XY-218HS」によりラインナップが拡充され、多様な会場でのシステム提案が可能となりました。

「XY-218HS」は、剛性の高いキャビネット内部に高耐入力かつ低歪みを両立した高性能18インチドライバーを2基搭載したホーンローデッドサブウーファーで、シリーズ最大の高出力と圧倒的な超低域再生を提供します。大規模クラブのメインサブウーファーとしてお使いになれるだけでなく、遠くまで音を届ける必要のある大型フェスティバルでの持ち込み音響機器としても使用可能です。

今後、「XY Series」最大の高出力を備えるフルレンジスピーカーも導入する予定です。

【主な特長】

1. 高出力で圧倒的な超低域再生を実現する高感度なホーンローデッドキャビネット構造

ドライバーの背面に密閉度の高いチャンバー(空気室)を備えることで、ドライバーの出力をロスすることなくキャビネット内部のホーンへの伝達を可能にしました。加えて、緻密に計算されたホーン構造により、高い音圧での超低域再生を実現しました。
また、多数の補強桟を組み込むことで剛性の高いキャビネット構成を実現しました。不要な共振やエネルギーロスを徹底的に排除することで、大音量時でも驚くほど歪みのない超低域音を提供します。

2. 高耐入力と低歪みを両立した高性能18インチドライバー搭載

高度な放熱構造を備えた4インチボイスコイルと耐久性に優れた振動系部品により、高耐入力と低歪みを両立する高能率18インチLFドライバーを2基搭載しています。地をはうような超低域音を含むベースラインからタイトなキックまで、高出力時でもクリアかつパワフルなサウンドを提供します。

3. 運搬を容易にするハンドルとキャスター対応

キャビネットの両サイドにそれぞれ4箇所、天面と底面のそれぞれ2箇所にハンドルを搭載し、設置や運搬の可搬性を高めました。
また、キャビネット背面に別売りのキャスターを取り付ける事も可能です。

主な仕様 (PRELIMINARY DATA)

型式 ホーンローデッドサブウーファー
エンクロージャー 18 mmバーチ材 フロントローデッドホーン型
ウーファー 18 インチコーン x 2
周波数特性 32 Hz to 150 Hz
入力感度 107.5 db (ハーフスペース)
耐入力 1400 W RMS, 2800 W Program
最大音圧レベル 139 dB Cont, 145 dB Peak (ハーフスペース)
入力端子 speakON NL4 x 2
インピーダンス
最大外形寸法 1308 mm × 558 mm × 890 mm (51.5 inch × 22 inch × 35 inch)
本体質量 134 kg (296 lbs)

* speakON™はNEUTRIK社の登録商標です。
* その他記載されている商品名、技術名および会社名等は、各社の商標または登録商標です。
* 他のトレードマークおよび商号は、各所有権者が所有する財産です。