• PANAMA, AMSTERDAM
    オランダで最もリスペクトされるクラブの1つが、問題を抱えるメインフロアに多様な音楽スタイルに対応する柔軟なサウンドシステムを必要としていた。PIONEER PROFESSIONAL AUDIOはソリューションを提供することが出来るのか?

    15年間に渡り、アムステルダムのクラブPanamaはオランダの音楽シーンの最前線に立ってきました。
    幅広い異なる音楽スタイルを曜日ごとに提供する会場として、世界的に有名なDJや地元のレジデントなど、大きな集客力を誇るアーティストたちが信頼を置くパーティーを開催することで知られています。

    「今、国際的なクラブ・シーンがアムステルダムに注目しています」と言う Panamaのマネージャー、ティモ・ラッシェ氏は、同店のプログラムはこの街のナイトライフの縮図のようであり、完璧なオーディオ体験を求めるクラバーたちが頻繁に訪れていると言います。 「柔軟性は私たちにとって非常に重要です。 ある日はプレゼンテーションやスピーチが行われるビジネス・セミナーを開催し、次の日には純粋なテクノ・ナイトが、翌日はジャズのパーティーが行われるといった具合です。 そして、あらゆるイベントにおいて、素晴らしい音を提供しなければなりません。」

    「私たちは、オランダで最高のサウンドシステムの1つ、あるいは一番のサウンドシステムを備えたクラブとして知られたいと考えていますが、それが達成出来たと思います。」

    Timo Lassche | マネージャー | Panama

    Page Top

  • THE CHALLENGE
    ダンスフロアへのフォーカス

    Panamaのチームは、アムステルダム・ダンス・イベント(ADE)の開催が近づく2016年の終わりに、クラブの900人収容のメインフロアに新しいサウンドを導入することを決めました。 ADEは、世界的なエレクトロニック・ミュージックのカンファレンス、フェスティバル、文化的遊び場であり、Panamaでは毎年期間中に多くの重要なイベントが開催されます。

    「以前のサウンドシステムは4〜5年間使用し、問題なく機能していましたが、もっと改善できることも分かっていました」とラッシェ氏は説明します。 「まずベースが不足していたので、ダンスフロアにもっとフォーカスすることを望んでいましたが、バー・エリアとバルコニーにもいい音を求めていました。」いくつかのオーディオ・ブランドを呼んでシステムをデモンストレーションしてもらったものの、いずれも決め手に欠けていたといいます。イビサのBooomとSankeys、ベルギーのCaféD'Anvers、ベルリンのMagdalenaのPioneer Pro Audioのシステムに感銘を受けていたので、ラッシェ氏は業界の友人の何人かにブランドに対する意見を聞いてみました。 「アーティストたちに、Panamaのサウンドシステムでプレイしたいと思ってもらうことが、私にとって非常に重要なことです」と彼は言います。 「私が多くのアーティストと話をしてたところ、Pioneerの名前は何度も耳にしました。」その結果、Panamaチームはデモンストレーションを要望することなくPioneer Pro Audioシステムを購入しました。しかし、設置がそれほど簡単ではないことは明らかでした。クラブのある築100年の元発電所には魅力的な趣きがあります。かつて世界の様々な遠方から貿易船を受け入れていたことにちなんで名付けられた、ゼーブルグ地区にある建物の1つです。しかしその形状は変わっており、保護建造物のため、ダンピング材で修正を施したりスピーカー・ブラケットを壁面に固定したりすることすら出来ません。

    「あらゆる種類の音楽や、ビジネス・イベントでもシステムを機能させる必要がありましたが、音響空間には非常に多くの変則的な要素がありました」とPioneer Pro Audioマネージャーのアレックス・バランドは説明します。 設置に取り組むに当たり、Pioneer Pro Audioは、オーナーのヴィム・クイン氏がこの問題を認識している現地企業、Discovery Sound and Vision社と協力することにしました。 「部屋はバルコニーに囲まれており、その下には大きいスペースがあり、そこにもカバレージが必要でした。 屋根は約20メートルの高さでとても薄いので、不快な反響を起こしていました。」

    「この部屋の音響はとても難しいかったですが、革新的かつ完全にカスタマイズされたソリューションを作り上げました。」

    Wim Kuin | オーナー | Discovery Sound and Vision

    Page Top

  • THE SOLUTION
    パーフェクションの追求

    部屋のレイアウトに合った自然な選択肢は、ダンスフロアの上部にツイーター・ポッドを付けた3メートルのツインGS-WAVEスタックと、部屋の前後とバー、バルコニー周辺エリアを充填するXYシリーズの組み合わせでした。 全システムは非常に過密なスケジュール内でインストールされることとなり、5日間以内に完了し、最初のADEのパーティーに準備を間に合わせました。

    内側に傾斜したGS-WAVEスタックをはめ込むために、ステージの両側の一部が切り取られました。 これにより、システムの主要なパワーとエネルギーがダンスフロアの中心に向かい、スタックがまっすぐ前方に向いていた場合には、バルコニーからの反射によって引き起こされてしまうデッドスポットを解消することが出来ました。 35度の角度調整メカニズムを備えたWAV-LENSの柔軟性は、高周波数の最良の焦点を選択することも可能にしました。

    XYシリーズのスピーカーをダンスフロアの後部とバルコニーの下のバー・エリアに配置することにより、部屋全体の均一なカバレージを実現しました。これは完璧な選択であったと、 Discovery Sound and Vision社のクイン氏言います。 「XYスピーカーは非常に自然なサウンドを提供するので、あらゆるスタイルの音楽やオーディオに使用できます。 クラブ・ミュージックに適しているだけではないのです。」バランドとクイン氏は初めて、GS-WAVEスタックの側面からスピーカーをぶら下げることが出来るカスタム・ブラケットを作成しました。 各スタックの内側にXY-101、外側のXY-122を設置することで、ダンスフロアの中央にステレオ・イメージが形成され、DJコンソールの目の前にいるオーディエンスのリスニング・エリアを包み込みます。

    モニターとして、XY-122を上部に取り付けたXY-215サブがDJブースの両側に設置されました。 クラブ側からは、15インチのサブでは十分なパワーがないのではないという懸念がありましたが、ADEの最初の夜にこれは払拭され、十分すぎるほどの低音域をDJに提供することが出来ました。 実際、このソリューションが非常に好評だったので、以来他のPioneer Pro Audioツアー・システムや設置でも実装されています。 また、モニターのパフォーマンスをさらに向上させるため、もう1つのカスタム・ブラケットがDiscovery Sound and Vision社によって設計されました。 サブに固定することで、上部に取り付けられたスピーカーとの釣り合いが取れるので、DJは簡単に自ら角度を調整してミッドとハイをダイレクトに耳に向けることができます。 「スピーカーは完璧な位置に固定できます」とクイン氏は言います。 「DJたちにも大好評ですよ。」

    「私たちはパーフェクションを追求していたので、常にオーナー、音響技術師、レジデントDJからのフィードバックに耳を傾け、音質を改良するためにシステムを調整しました。」

    Alex Barrand | マネージャー | Pioneer Pro Audio

    Page Top

  • THE RESULT
    毎夜変化するシステム

    完成したシステムについて、Panamaのマネージャーのラッシェ氏は次のように述べています。「見た目がまずいいですよね。部屋に足を踏み入れてまずこのスタックが目に入るので非常に存在感があります。」 そしてそのサウンドについて、彼はこう続けます。「温かみがあってパワフルですが、エッジの効いたベースもある、そこが特別だと思います。 他のシステムよりも、生々しくアンダーグラウンドに聴こえるので、ダンス・ミュージックに最適ですが、それ以外の音楽ジャンルにも本当にうまく適応します。」

    ダンス・ミュージック・コミュニティからの反応も良好です。
    Pioneer Pro Audioシステムの導入後、Panamaは初めて『DJ Mag』誌の世界のトップ100クラブに選出され、オランダの中では2番目に高いランキングを獲得しました。

    「このシステムは、会場の毎夜異なるイベントに完璧に適応します」とPioneer Pro Audioのバランドは言います。 「私たちは長い時間を費やし、あらかじめプリセットを作成してシステムがそれに対応できるようにしました。」これらのプリセットには、Pioneer Pro AudioがDSSのオープンアーキテクチャのDSPソフトウェアで作成したカスタム・コントロール・パネルを介してアクセスするようになっています。 Panamaの音響技術者は、毎晩iPadのボタンを押すだけで、DJがプレイする音楽ジャンルにシステムが対応するという安心が得られます。

    クラブ業界にとって、仕事上の関係性は極めて重要であると認識しているPanamaのマネージャーのラッシェ氏は、Pioneer Pro Audioチームとのコラボレーションを経て、それが正しい選択であったことを実感しました。 「Pioneerとは、ただシステムの購入先というだけではありませんでした。 今はパートナーシップを組んでいます。それがまさに私たちが求めていたものでした。 技術が変化しても、Pioneer Pro Audioなら現在も将来もPanamaに最高のサウンドを提供してくれることを確信しています。」

    「今なら、私たちがイビサの店舗に出張に行ってしまっても、Panamaではお客様がこのシステムに感銘を受けるという自信がありますから、安心していられます。」

    Timo Lassche | マネージャー | Panama

    Page Top

  • IMAGES

    Page Top

  • PANAMA 導入機器一覧

    MAIN ENTRANCE

    MONITOR SETUP

    Page Top

  • OTHER CASE STUDIES
  • 場所 :
    アムステルダム – オランダ
  • 業種 : クラブ

PANAMA 導入機器一覧

Download
case study PDF